車査定書類

車の査定をするのに必要な書類

車査定を行う場合には、自賠責保険証と車検証があれば問題ありません。
しかしながら、車を実際に売却する場合には、自賠責保険証と車検証以外にもいろいろな書類を準備することが必要です。
ここでは、車を実際に売却する場合に必要となってくる書類についてご紹介しましょう。
しかしながら、ここでご紹介する書類以外にも、業者によっては提出を要求されることがあるので、前もって確認しておきましょう。
車を実際に売却する場合に必要な書類には、査定時にも必要な自動車検査証、発行後1ヶ月以内の印鑑登録証明書2通、査定時にも必要な自賠責保険証明書、自動車税をその年に納めたことを証明する書類である自動車納税証明書(軽自動車納税証明書を軽自動車の場合は準備)、実印(認印でも軽自動車の場合は可)、自動車の売却した場合の代金を入金するために必要な振込口座、預託済みの場合に必要なリサイクル券、がありますので前もって準備しておくようにしましょう。